放課後等デイサービスの自己評価結果等報告書を掲載しました

放課後等デイサービス支援の質の向上を図るため、厚生労働省より「放課後等デイサービスガイドライン」が定められました。
この中で、放課後等デイサービスの提供についての評価につきましては、事業所が自ら評価を行うとともに、障害児及びその保護者による評価を受け、その結果を事業運営に反映させることで、質の改善を図ることを目的に実施が義務付けられているものです。
今回、平成30年度の放課後等デイサービス事業の提供にかかる自己評価結果を公表いたしました。

【保護者による評価】

h30hogosha

【事業者による評価】

h30jigyosha