ボブ&アリスのご紹介

ボブ&アリス

ボブ&アリスは世界的に著名なイラストレーターであるロバート・ムーア氏によって生み出されたカリフォルニア産の温厚で優しいネコ「ラグドール」をモデルにした兄妹のキャラクターです。

力持ちで明るいお兄ちゃんのボブとしっかり者で勉強の得意な妹のアリスはとっても仲良し。
この2匹のキャラクターは、ロバート・ムーア氏から日本の障がいを持つ方々への支援活動に役立てて欲しいと、愛・あいネットに寄贈されました。そして、彼らは私たちの元へやってきた2001年から今も、愛・あいネットオリジナルキャラクターとして私たちの活動と共に歩んできました。

ボブ&アリスが寄贈された当時の記事を以下に掲載しています。
・羅府新報
障害者支援に役立てて
・鹿児島新報
キャラクターを寄贈
・南日本新聞
米からマスコットキャラの贈り物

デザイナーのご紹介

Card image cap

C・ロバート・ムーア(ボブ・ムーア)

1920年ロサンゼルス生まれ。
ウォルト・ディズニー・スタジオのアニメーション・アーティストとして活躍し、「ダンボ」「白雪姫」等のキャラクターデザインを手がけました。
スタジオを 退社した後は、オーストラリアの万国博覧会、スポーツクラブ、企業やテーマパークのマスコットキャラクターなど、幅広い分野で優れた作品を世に送り出しました。
日本では旧ダイエーホークスの公式マスコットキャラクターホーマーホークのデザイナーとして有名です。
2001年12月、永眠。

ライセンス契約のご案内

現在、ボブ&アリスのライセンシーを広く募集しております。
キャラクターは、商品化、広告、販促キャンペーン、出版など幅広くご利用いただけます。
詳細はお気軽にお問合せ下さい。